NEWS

【豊橋市でリフォーム】長く暮らすためのリフォーム〜戸建ver.〜

【豊橋市でリフォーム】長く暮らすためのリフォーム〜戸建ver.〜

住まいを快適な状態に保つためには、定期的にリフォームを行い、メンテナンスをする必要があります。
どこをリフォームするべきかは劣化具合で異なるため、一概には言えません。
また、全ての場所を一度にリフォームしようとすると、かなりの費用がかかりますので、
まとまった予算を準備できる場合以外は、優先順位をつけて行わなければいけません。

そこで、戸建て住宅で不具合が出やすい場所と、リフォームすべき箇所の優先順位をご紹介していきます。

不具合が出やすい場所は?

どれだけきれいに暮らしていても、5年、10年、20年と経つうちに、
住まいの様々な場所で不具合が発生するようになります。

不具合が出やすい場所としては、トイレやキッチン、バスルームといった水回り、
そして外壁や屋根といった、風雨や日差しにさらされている設備が挙げられます。
また、フローリングや壁紙もキズや汚れ、はがれが目立つようならリフォームを検討すべき時期かもしれません。

無駄な出費を抑えて必要なリフォームを行うために、
まずはリフォーム会社に依頼をして、現在の住まいの状況をチェックしてもらうことをお勧めします。

 

 

どこからリフォームすべきかの優先順位を決める

限られた予算の中でリフォームを行う場合、どこから手を付けるべきかの優先順位を決めなければいけません。
優先順位は、以下の①~④の順番で決めていくとスムーズです。

①実際に不具合が出ている場所・設備
②不具合は出ていないが、劣化が進んでいる場所・設備
③不具合は出ていないが、家族がリフォームを希望している場所・設備
④予算が余った場合に検討する場所・設備

各設備のリフォームが必要になる目安の時期
・キッチン、台所:10~20年
・浴室:10~15年
・トイレ:10~20年
・洗面所:10~20
・リビング、部屋、室内のドア:15~20年
・外壁: モルタル・金属サイディングともに15~20年
・屋根:かわら屋根:20~30年
・金属板屋根:10~15年
・窓まわり:20~30年

上記はあくまで目安ですので、使用状況や頻度によってリフォームが必要になる時期は異なります。
築年数が古い家の場合は耐震性にも注意が必要です。

発生した不具合のメンテナンスと同様に注意したいのが、住まいの耐震性です。
特に、1981年6月1日以前に建てられた家に関しては、新耐震基準が適用されていませんので、
新たに耐震工事が必要となる場合があります。
今後、ご家族が安心・安全に暮らしていくためは、必要不可欠なリフォームだと言えます。

 

 

まとめ

どれだけきれいに暮らしていても、築30年を経過すれば様々な場所で不具合が発生するようになります。
また、例え不具合が発生していなくても、確実に劣化は進んでおり、遅かれ早かれリフォームを行う必要が出てくるでしょう。
全ての場所を一度にリフォームしようとすると多くの費用がかかりますので、優先順位を決めて行わなければいけません。
まずは相談をして、今の住まいの状態を詳しく調べてもらうことをお勧めします。
豊橋市でリフォームをご検討の際は、お気軽にカワイハウス へご相談ください!

 

 

豊橋市石巻の新築やリフォームの施工はカワイハウスにお任せ下さい。


会社名:カワイハウス

住所:愛知県豊橋市石巻西川町吉祥126

MOBILE:090-9198-9722
TEL:0532-88-4008

FAX:0532-75-4269

定休日:不定休

業務内容:自然素材を用いた新築施工・リフォーム施工など建築全般

PAGE TOP