NEWS

住宅地を購入するときのポイント!

住宅地を購入するときのポイント!

最近天災被害も多い日本ですので、

家を買うときには地盤が大丈夫だろうか?と心配する人は多いと思います。

 

建売住宅を購入するのであれば、売主が地盤調査をしていますので、

地盤調査報告書を提示してもらってその内容について説明を受ければ、地盤の状況がわかるはずです。

しかし、中古住宅や更地を購入するときには、地盤調査報告書を確認できることは稀であり、

他の方法で地盤について判断するしかありません。

ここでは、知っておきたい地盤のチェックポイントを解説していますが、

これにより購入後の地盤沈下や地盤補強費の負担リスクを抑えることができます。

 

地盤調査報告書(地質調査報告書)でチェック

住宅を購入するときに地盤をチェックする最善の方法は、

その土地の地盤調査報告書(地質調査報告書)を閲覧することです。

新築建売住宅を買うときには、売主に要望すれば

この書面を提示してもらえるはずなので、その内容を確認しましょう。

但し、買主が自ら地盤調査報告書の内容を理解するのは難しいですから、

売主や仲介業者からきちんと解説してもらった方がよいと思います。

 

問題は地盤調査報告書のない物件を買うときです。

中古住宅では、売主が新築当時に地盤調査報告書を保管していないことが多いです。

昔は地盤調査をせずに建築することも少なくなかったため、

そもそも調査していないという物件もたくさんあります。

更地を購入して住まいを新築したい人にとっても、

地盤調査報告書を閲覧できないことが多いので問題となります。

土地の売主が販売前に地盤調査していることは多くないからです。

いくつもの販売区画があるのであれば、

近隣の地盤調査報告書を参考として閲覧させてもらえないか聞いてみましょう。

注意しなければならないことは、地盤は区画によって異なることが多いということです。

隣の地盤に問題なかったのにあなたが購入した土地は軟弱地盤だったということもあり得ます。

なので、近隣の地盤データは参考程度だと考えておく必要があります。

 

地盤に関する注意点

地盤に関して注意しておきたいことを他にも挙げておきます。

以前の建物等の地中埋設物

新しく家を建てようとしたときの地盤調査や掘削工事で

はじめて明らかになることのある問題として、地中埋設物があります。

例えば、以前、その土地に存在していた建物の地下部分や基礎などの一部が埋められていて、

それが邪魔になるので撤去しなければいけないといった問題です。

地盤は弱くないものの、埋設物の撤去に大きな費用がかかる事例があるのです。

ただ、その物件を購入する前に地中埋設物があるかどうか確認することは困難です。

契約する際、埋設物があったときには売主負担で撤去できる内容としておくと安心です。

 

役所等で地盤データを閲覧できるが参考程度に

地盤調査報告書が無い物件を購入する場合、

参考とするデータとして役所や地盤調査会社から近隣のデータを見せてもらうという方法があります。

役所のデータ閲覧は費用がかかりませんが、あまり多くのデータはありません。

Googleで「地盤調査データ」などと検索すれば、民間の地盤調査会社が公開しているデータを確認することができます。

役所のデータも確認できるところが増えていますので、

その「自治体名称+地盤データ」で検索すれば見つかる可能性は十分にあります。

 


最後に大事なことですから繰り返しておきますが、

その土地ズバリの地盤調査データでない限り、

たとえ隣地であったとしてもデータは参考にしかなりません。

隣同士でも地盤の状況が異なることは多いからです。

データ以外の確認方法も、参考とするためのものであって、

これだけで正確に判断することはできないことを理解しておきましょう。

豊橋市石巻の新築やリフォームの施工はカワイハウスにお任せ下さい。


会社名:カワイハウス

住所:愛知県豊橋市石巻西川町吉祥126

MOBILE:090-9198-9722
TEL:0532-88-4008

FAX:0532-75-4269

定休日:不定休

業務内容:自然素材を用いた新築施工・リフォーム施工など建築全般

PAGE TOP