NEWS

地盤のチェックポイント!

地盤のチェックポイント!

前回、地盤調査報告書のデータがある時の地盤チェックについてまとめましたが、

もし地盤調査報告書がない場合、何をチェックすれば地盤の判断ができるのか

目安となるものをまとめましたので、ぜひ参考にしてください♪

 

地盤のチェックポイント

購入した物件に関して地盤調査報告書が無い場合には何をチェックすればよいのか。

地盤については、確実な回答があるわけではないので

ここにあげるポイントについてできる限り多くの情報を集めたうえで、それらを参考とするようにしましょう。

理解しておくべきことは、ここに書かれていることで確実な判断ができるわけではないということです。

これを肝に命じておいてください。

 

▶︎丘陵地は地盤が強固なことが多い

基本的には、丘陵地や台地は元の地盤が強固ですから、地盤が良いと言われています。

丘陵地以外の地域に比べれば地盤が良い可能性が高いだろうくらいの理解でよいでしょう。

但し、丘陵地の住宅地では土地の造成の過程で地盤が非常に弱い土地も出てくるので注意が必要です。

造成した土地には、切土と盛土があり、盛土の地盤は心配されることが多いものです。

 

▶︎川・池・田んぼが近い

近くに川や池、田んぼがある土地には注意が必要です。

昔から水害にあっていることも多く、そういった低地の地盤はあまりよくありません。

 

▶︎埋立地

埋立地の地盤も心配されることが多いです。

田んぼや畑を埋め立てて住宅地としているところでは、

地盤沈下による建物の傾きが問題となっていることが多いです。

また、東北大震災のときにも湾岸エリアで液状化現象が起きたのを覚えている人もいることでしょう。

 

▶︎地名を参考に

地盤のチェックポイントとして面白いのは地名を参考にできるという点です。

地名に、「川・河・田・沼・江・海・池」などの文字が入っていることは、

昔、その漢字に関係するものがあったことを示していることがあるからです。

近くに川などがある場合と同じく、地盤が弱い可能性があります。

 

建物や塀のひび割れ

中古住宅を購入するときなら、

既存の建物に軟弱地盤と関係がありそうな症状がないかどうかも見ておくべきです。

地盤沈下が生じている場合、建物の外壁や内壁、基礎などにひび割れが生じたり、

建物が傾いたりするといった症状が出ていることがあります。

建物を外部からも内部からもじっくり観察して異常がないか確認するようにしましょう。

 

また、建物以外に外構の塀などを観察することも役立ちますので、

塀の傾きやひび割れをチェックしましょう。

更地を購入するのであれば、その土地に建築されている建物がありませんので、

参考として隣近所の建物や塀を観察するとよいでしょう。

但し、区画によって地盤に相違があることも多いですから、それだけで判断できるものではありません。

 

開発された土地(造成宅地・分譲地)の地盤の注意点

不動産会社が大きな面積の土地を造成(開発)して、綺麗に区割りし、

その土地を宅地として分譲していることがあります。

宅地としての分譲に関わらず、新築一戸建て住宅を建築して分譲する場合もそうですが、

このような分譲地においての地盤に関する注意点があります。

 

開発される前の土地が、もともと平坦な土地であっても地盤については注意しておくべきなのですが、

開発前の土地がもし山林などの傾斜地であったならば、十分な注意をしておく必要があります。

傾斜地を開発する場合、切土(きりど)と盛土(もりど)の部分ができます。

 

・切土は、斜面を削った部分で元の地盤なので比較的、安心できますが、

・盛土は土を埋めて斜面を平らにした部分なので、地盤が弱いことが多いものです。

 

上記のことをご存じの方は多いようですが、では切土だから安心なのかといえば、そうとも限りません。

1つの区画の土地のなかに切土と盛土が混在していることもあるからです。

傾斜地を開発した住宅地を購入する場合には、その購入予定の区画が切土なのか盛土なのかを売主に確認し、

資料を示して説明して頂くようにしましょう。もちろん、地盤調査を行うことも必須です。

 

 

以上のことを踏まえて、土地を選ぶ際の参考にしてくださいね!

豊橋市石巻の新築やリフォームの施工はカワイハウスにお任せ下さい。


会社名:カワイハウス

住所:愛知県豊橋市石巻西川町吉祥126

MOBILE:090-9198-9722
TEL:0532-88-4008

FAX:0532-75-4269

定休日:不定休

業務内容:自然素材を用いた新築施工・リフォーム施工など建築全般

PAGE TOP