NEWS

「天然無垢材」とは

「天然無垢材」とは

建材に無垢材を使うことのメリット、確認しておきたいポイントとは

近年当たり前のように住宅に使われている集成材、

しかしこれには健康面、耐久性などさまざまなデメリットがあることもわかっています。

そこで建材に天然無垢材を使うことのメリットや気をつけなければいけないポイントには

どんなものがあるのかご説明していきます。

 

「天然無垢材」とは

山や森で育った原木(丸太)から、使用する大きさに挽き割った材料。

古来より日本の建築文化に深く根付き、現存する歴史的な寺社仏閣もみな天然無垢材による木造建築です。

日本最古の木造建築物「法隆寺五重塔」など約1400年以上も立ち続けています。

天然無垢材は、こんなにも耐久性のある材料なのです。 

 

▼夏は涼しく、冬は暖かく

木の断熱性はコンクリートの約12倍と言われるほどで、周囲の温度に影響されにくいのが特徴です。

夏、木に触れてもベタつくことなく、とてもさわやか。冬は、ほんのりとした温もりを感じることができます。

木の住まいではエアコンに頼る度合いが低くなるので、からだへの負担が軽減されるとともに、省エネにも役立ちます。

 

湿度を調節する

天然の木は、伐採された後も呼吸を続けています。

湿気がおおくなれば水分を吸収し、乾燥すると内部の水分を水蒸気として空気中に放散する、いわば天然のエアコンです。

奈良の正倉院は太い木材を横にして重ねていく校倉造り。

1300年近くの時を経た今でも、中の宝物を大切に守り続けているのは、木のもつ優れた調湿作用によるものです。 

 

ダニ、カビ、細菌類に強い

木の精油には、ダニ、カビ、細菌類の増殖を抑える効果があります。

たとえば、ヒバや檜の精油成分であるヒノキチオールは、100~1000ppmの濃度で

カビ類、ブドウ球菌、大腸菌といった細菌類の増殖を抑制。

ヒバ、檜、ベイヒバ、ベイスギ、赤松などはアレルギーや喘息の原因となるダニの増殖も抑えます

木のもつ調湿作用によって結露やカビも防止でき、空気をきれいに、快適に保つことが出来るのです。

 

ストレスを和らげる

森林浴をすると、リラックスして心地よくなるのは、樹木が発する芳香成分(フィトンチッド)の働きによるものです。

フィトンチッドには、人間の自律神経を安定させる作用があると言われています。

この作用は樹木が伐採され、木材となっても失われないもの。

木造の住まいなら、中にいるだけで森林浴効果が得られるのです。 

 

地震に強い

くるいなく建てられた木造建築の耐震性は鉄骨造やコンクリート造を圧倒的に上回っています。

伐採後に充分に乾燥させた木は、呼吸しながらもさらに乾燥が進み、固化して、いっそう強度を増していくのです。

樹齢年数が高いほど強度も高くなると言われています。 

 

 

 

 

建材として無垢材を使うときに気をつけたいポイント

ここまで天然無垢材の良い所をあげてきましたが、建材として使うためには

気をつけなければいけないポイントがあります。それは、乾燥と木遣いです。

木の乾燥について

木は乾燥によって収縮、変形するもの。良質な木でできた無垢材でも乾燥が不十分であれば、

反り返り、ねじれ、割れなどを起こし、建築後におおきなトラブルを招くことになります。

木の命を生かすのも、殺すのも乾燥次第なのです。

充分に乾燥させた無垢材を用いれば、収縮・変形が生じることはありません。

時間の経過とともに固化し、強度がますます高まっていきます。また、腐朽菌やシロアリの心配もありません

 

木遣いとは

本物の住まいづくりは、木の良さや特性を知ることから始まります。

木は種類や育った場所、周囲の環境などによって一本一本に個性が生じるものです。

一本の木でも部分によって性質が違います。これをしっかりと見極めて、

適した場所に適した材料を使うことが、何百年も生き続ける住まいづくりの基本なのです。

木を正しく使うことを「木遣い」と言います。大工はこれを1400年以上も前から熟知していたのです。

 

 


無垢材には住まう人にとって様々な効果・効能をもたらしますが、

無垢材を使って住宅を建てるには乾燥や木遣いについて心得た職人がいて建てられるものなのです

豊橋市石巻の新築やリフォームの施工はカワイハウスにお任せ下さい。


会社名:カワイハウス

住所:愛知県豊橋市石巻西川町吉祥126

MOBILE:090-9198-9722
TEL:0532-88-4008

FAX:0532-75-4269

定休日:不定休

業務内容:自然素材を用いた新築施工・リフォーム施工など建築全般

PAGE TOP