NEWS

住宅の省エネルギーについて

住宅の省エネルギーについて

現代の省エネ住宅とは

省エネルギーを謳う住宅は高気密・高断熱住宅という漠然としたイメージを持つのではないでしょうか。

省エネ住宅とは、一般住宅で毎日の生活に使用される暖冷房や給湯、

その他の家電製品などの消費エネルギーを少なくするように設計された住宅を指します。

ひとくくりに高断熱住宅といっても断熱工法の違いや、断熱材も様々です。

最近では断熱だけでなく遮熱という現象を活用した遮熱材料を住宅に用いて、

省エネをさらに発展させているメーカーもあります。

省エネ住宅のメリットについて改めて確認していくとともに、

断熱・遮熱の工法、材料についてご説明していきます。

 

 

省エネ住宅のメリット

・家の中の温度差が小さい

省エネ住宅では、屋根や壁、床などに断熱材が使用されており、熱伝導を少なくする工夫がなされています。

また、気密性にもすぐれており、外気の熱さや寒さなどの気温の変化の影響を最小限に抑えることができます。

そのため、家の中の上下の温度差や各部屋の温度差、季節による温度差が小さいというのが、

メリットのひとつにあげられます。

・空気がきれい

気密性が高いのが省エネ住宅の特徴のひとつですが、

そのままでは家の中の汚れた空気が外に出て行かず、よどんでしまうという可能性があります。

現在の省エネ住宅では、室内の空気の汚れを効率よく排出する計画換気システムが採用されていますので、

いつでも空気がきれいであるというメリットがあります。

・冷暖房費の節約につながる

寒い冬も暑い夏も、外気の影響を受けにくいので、

今までと比べると冷暖房費があまりかからないというメリットがあります。

・健康に良い

各部屋の温度差が少なく、冬場に高齢者に多くかかることが多いヒートショックの原因のひとつを断つため、

健康にも良い影響を与えます。

・遮音性が高い

省エネ住宅では、家全体の気密性が高いので、外からの騒音を低減します。

また、家の中の音も外へ漏れにくくなっており、優れた遮音性が特徴となっています。

・耐久性が高い

高気密、高断熱のため、適切な換気計画と結露防止の壁体内通気対策により構造部材の腐食も抑えられるため、

家全体の耐久性が高いのが、省エネ住宅のメリットのひとつです。

また、耐震性(地震)、耐風性(台風)も高いので安心して長く暮らすことができます。

 

 

断熱と遮熱について

そもそも熱とは何でしょうか?熱は温度の高い物体から低い物体へ移動しますが、その方法には以下の3種類があります。

伝導

物体の中を伝わって熱が移動すること

※アイロンや鍋が熱くなる

対流

空気の移動によって熱が移動すること

※ドライヤーやエアコンの温風

輻射

赤外線の熱線により熱が移動すること

※太陽や焚き火で暑くなる

※ 断熱材は、中に小さな無数の空気室をつくって、

室外と室内との伝導による熱の移動を遅らせ熱が逃げるのを防いでいます。性能は熱伝導率と厚さで決まります。

※ 遮熱材は、太陽からの輻射熱を反射させ、熱の移動を防いでいます。

主に赤外線反射率の高いアルミニウムが使われています。

 

今までの断熱対策は『伝導』対策でした。ほとんどの断熱材は『輻射』による熱の移動を防ぐには不向きです。

温暖化が進行している今、『断熱対策』だけでなく、夏の『遮熱対策』も考えた住まいづくりが必要です。

 

断熱は壁の内部を伝わっていく熱の量を小さくすること。

それに対して遮熱は、日射を吸収しないように反射することや、

日射を吸収した結果、温度の高くなった面から出る熱を室内に入らないようにすることを意味します。

日常的なことで置き換えると、

断熱は日傘で日差しを和らげる。遮熱は長袖を着て日差しを防御することです。

 

次回、断熱の工法について詳しくご紹介していきます!

豊橋市石巻の新築やリフォームの施工はカワイハウスにお任せ下さい。


会社名:カワイハウス

住所:愛知県豊橋市石巻西川町吉祥126

MOBILE:090-9198-9722
TEL:0532-88-4008

FAX:0532-75-4269

定休日:不定休

業務内容:自然素材を用いた新築施工・リフォーム施工など建築全般

PAGE TOP